マガジンのカバー画像

海の道具

24
マリンウェアからマリンギア、ボートやヨットのパーツに至るまで、ほかでは読めないマリン用品を扱うマニアックなヤマハマン担当コラム。
運営しているクリエイター

#ボート

まるで「人生」のような 「錨=アンカー」のお話し 【海の道具】

 多くの人は錨(=アンカー)というと、丸い輪っかを頭にして、下部に左右にフックを携えたよ…

我が道を行く、一本気な航海機器「コンパス」 【海の道具】

 ボート免許を取得された方はきっと経験があるでしょう。棒の頭に球体状の物を載せたハンドコ…

フネや乗り手にも優しい? 「テンダーボート」 【海の道具】

 よく省略されて「テンダー」と言い表すことが多いのですがが、正式には「テンダーボート」と…

ようするに、いわゆる「カッパ」のことなんですが。 【海の道具】

 「オイルスキン」というウェアの名前をごぞんじですか? 海の世界、特にヨットマンたちの多…

八つ当たりして、お怪我されぬようご注意を 。 「バッテリー」 【海の道具】

 寒い冬の朝や、久しぶりに出港しようなどというとき、いざエンジンを掛けようとしたらバッテ…

これを使いこなすのもシーマンシップ〜「パドル」と「オール」 【海の道具】

 ボートを漕ぐための道具には「櫂(かい)」がありますが、英語ではこれを使い方によって「オ…

操船しながら釣りもしたい船長をサポート「FSR」と「iPilot」【海の道具】

 当たり前の話ですが、ボートはエンジンのスイッチを切っても停まっていてはくれません。クルマなら、シフトをパーキングレンジに入れ、サイドブレーキを引けば済むのですが、潮や風の影響で流され続けるボートを一定のポイントに留めるためには、”常に動き続けて”いなければなりません。シフトを入れては絶妙のタイミングでニュートラルに。流し釣りでは、再び流されはじめる寸前に、また逆方向にシフト入れる。その繰り返しです。  たとえばボートフィッシングにおいて、魚礁などのポイントにピタリとボート

スキ
28