少年心をくすぐる、真っ暗な海での心強い味方「サーチライト」 【海の道具】
見出し画像

少年心をくすぐる、真っ暗な海での心強い味方「サーチライト」 【海の道具】

 ボートやヨットで使用するサーチライトは、車でいえばヘッドライトにあたるのだけれど、必ずしもすべての船に装備されているわけではありません。なぜなら、夜間航行しない船には不要なものだからです。でも、夜の海に出る船にとっては無くてはならない照明装置です。

 海上には街灯もなければコンビニの明かりもないわけで、唯一あるのは月や星明かりだけ。それはそれでロマンチックではあるけれど、実際に航行するとなると、少々心もとないものです。

 航行している他船や大きな障害物は、レーダーなどでもワッチ(見張り)できますが、海面の浮遊物などは、やはり目視する他はありません。そうした中で、遠くまで照らすことのできるサーチライトはやはり心強い味方となります。

 船用の据え置き型サーチライトの特徴の一つは、リモコンでの可動式が主流であること。サーチライトは遠くまで光を届かせる必要があるため、どうしても光幅は狭くなってしまいます。ですから左右を視認するには、サーチライト自体を動かす必要があります。上下左右に光を振って、文字通りサーチすることになる、というわけです。

 実際に、真っ暗な海の上で光線を放って動かしてみると、なんともメカニカルで、ロボットでも動かしているかのような、少年心をくすぐるところがあります。とはいえ、くれぐれも他船や海岸でデート中のカップルなどに向けて照射などしないように。

※この記事は過去の「Salty Life」の記事に加筆・修正して掲載しています。

ヤマハボート


この記事が参加している募集

スキしてみて

いい記事だと思ったら、ハートマークを押して「スキ」してくれると嬉しいです。 「スキ」すると、季節のお魚イラストが釣れるかも。今日は何の魚かな?

カレイ?ヒラメ?どちらでしょう? 左を向いているのがヒラメです。
ヤマハ発動機の公式アカウントです。 「海やフネの近くで人生を楽しみたい、日常生活に海の香りと風を吹かせたい」という皆さまに、ほんのり潮気が漂う読み物や写真をお届けします。 18年間、海を愛する人達にお届けしてきたメールマガジン「Salty life」から引っ越してきました。