ヤマハ発動機 | 海の時間です。

ヤマハ発動機の公式アカウントです。 「海やフネの近くで人生を楽しみたい、日常生活に海の…

ヤマハ発動機 | 海の時間です。

ヤマハ発動機の公式アカウントです。 「海やフネの近くで人生を楽しみたい、日常生活に海の香りと風を吹かせたい」という皆さまに、ほんのり潮気が漂う読み物や写真をお届けします。 18年間、海を愛する人達にお届けしてきたメールマガジン「Salty life」から引っ越してきました。

リンク

ウィジェット

マガジン

  • 船厨

    海を感じる料理、ときどきドリンクにまつわるお話です。「大雑把」「手抜き」ご免のレシピ付き。

  • 海の道具

    マリンウェアからマリンギア、ボートやヨットのパーツに至るまで、ほかでは読めないマリン用品を扱うマニアックなヤマハマン担当コラム。

  • ヤマハマリンクラブ・シースタイル

    ヤマハ発動機が運営する会員制レンタルボートクラブのマガジンです。海での様々な遊び方や全国のマリーナ情報など、海をより楽しむ情報を発信していきます!

  • キャビンの棚

    海を近くに感じることのできる音楽や書籍をご紹介。新しいものから古いものまで、いろいろと取りそろえてみます。

  • 毎月更新・海の壁紙

    ヤマハ発動機が世界中の水辺で撮りためてきた写真でつくったオリジナル壁紙です。毎月、1枚ずつ更新していきます。

最近の記事

  • 固定された記事

素敵な海や水辺をいつでも感じてほしい、ヤマハのnoteです。

こんにちは。そして、はじめまして。ヤマハ発動機株式会社のnoteです。2003年6月に創刊し、18年間にわたって海のあるライフスタイルをテーマに配信を続け、多くの方にご愛読いただいてきたメールマガジン「Salty Life」から、「海の時間です。」と名を変えて、こちらのnoteに引っ越してきました。これから、これまで以上にたくさんの人たちと海のある生活の喜びを分かち合っていきたいと思っています。 わたしたちは「フネ」をつくっている会社です。わたしたちヤマハ発動機は、主にオー

    • 風をはらんだ帆の快味「トム・コリンズ」 【レシピ- 船厨】

       きりっとしたジンベースのカクテルは夏の海に合いますね。帰港後、クラブハウスのカウンターで仲間と釣り逃がした魚について法螺を吹きながらやる酒にもぴったりです。といっても、我が国のマリーナにはバーが皆無といってよく、実はヨットクラブ、マリンクラブの機能を大いに低下させている気もする、というのは冗談でありますが、実際のところ、車でやってきて日帰りで帰るオーナーさん達には不要ですね。  さて、海辺で飲むドリンクについては、ヘミングウェイに学ぶのが間違いありません。彼が愛したカクテ

      • 強い絆で結ばれ生まれたボートの素材 【海の道具】

         小型ボートのハル(艇体)の素材として、最もポピュラーなのはFRPでしょう。日本語で言えば、繊維強化プラスチック。ボートの場合で言えば、ガラス繊維と樹脂を複合的に組み合わせた素材で、繊維の破断に対する強さと樹脂の強度、加えて成型のしやすさがボートのハルの素材として最適なのでしょう。  というわけで、今回は道具ではなく“材料”のお話です。  波のある時にボートを出すとよく判るのですが、水の上で跳ねると着水時、いかに水が固いかを実感することになります。その時の音と衝撃は、ボート

        • Sea-Style 「潮流と灯台と湊町(関門海峡)」【ヤマハマリンクラブ・シースタイル】

          本州と九州を隔てる関門海峡。最も狭くなる早鞆瀬戸ではその幅は650メートル。船乗りにとっては古くから難所として知られ、両岸の下関と門司港は古来より本州と九州の往来を結ぶ要衝です。今回はこの海の難所と言われた関門海峡エリアを訪れました。  見どころの多い関門海峡  本州側から関門海峡に向かうと、まず目に入るのが関門橋です。本州と九州を結ぶ橋は自動車専用道路で、海峡のランドマーク的な存在。遠くからも見える、この関門橋が目の前に迫ってくると左舷前方には部埼≪ヘサキ≫灯台が見えて

        • 固定された記事

        素敵な海や水辺をいつでも感じてほしい、ヤマハのnoteです。

        マガジン

        • 船厨
          72本
        • 海の道具
          68本
        • ヤマハマリンクラブ・シースタイル
          13本
        • キャビンの棚
          70本
        • 毎月更新・海の壁紙
          37本
        • 海の博物誌
          14本

        記事

          昭和のファッションリーダーが作った“ヘミングウェイ” 【キャビンの棚】

           ボートや釣りを愛する人にヘミングウェイのファンが多いのは、ヘミングウェイ自身が海を愛し、釣りを愛していたというエピソードによるところが多いのでしょう。彼の自然観、自然の中に身を置く人間の尊厳などが簡潔な表現の中にちりばめられた「老人と海」、ライフスタイルにおいてはキーウェストからキューバ時代の生活に憧れるファンは多いようです。  作詞家の故・安井かずみもヘミングウェイ作品を愛したひとりであったと伝えられています。  安井かずみは昭和歌謡曲の全盛に活躍した作詞家で、数々のヒッ

          昭和のファッションリーダーが作った“ヘミングウェイ” 【キャビンの棚】

          6月の壁紙- プエルト・ラ・クルス(ベネズエラ) 【海の壁紙】

          ベネズエラのプエルト・ラ・クルスは同国のカリブ海リゾートの玄関口のような港町。そこにあるマリーナからデイクルージングで訪れたのがこの小さな島です。観光パンフレットには「Borracha(ボラーチャ)」と書かれていました。日本語に直訳すると「酔っ払い」。地元のボーターは「飲んだくれの島ってことだよ」と楽しそうに説明してくれました。超意訳すれば「幸せの島」? そういうことにしておきましょう。静かでとてもいいところです。 ダウンロードはこちらから。

          6月の壁紙- プエルト・ラ・クルス(ベネズエラ) 【海の壁紙】

          眠る魚と眠らない魚 【海の博物誌】

           世界の魚は約4万種類。日本近海にはそのうち2000種がいて、食用として市場に出るのは150種、商品として重視されているのは数十種にすぎません。魚好きの日本人といえども、実のところ、それほど多くの魚を知っているとはいえません。  さて、魚の分類は大変ややこしくて、一般に淡水魚1万種、海水魚3万種といわれます。では、サケ(鮭)、マス(鱒)、ウナギ(鰻)、ワカサギ(鰙)はどちら? となると諸説紛々。そのほかの分類法でもなかなかスッキリとはいきません。  そんな魚の分類方の一つ

          眠る魚と眠らない魚 【海の博物誌】

          来る朝ごとの論争とシラスチーズトースト 【レシピ- 船厨】

           「よくもまあ朝からそんなに食べられるね」  これまで朝飯のたびに拙子がよく投げかけられてきた台詞です。よく言われるということは、よその人は朝飯をそんなに食べないってことなのでしょうか。  でもちょっと待ってください。例えば、朝の7時に朝食をとったとします。そして5時間後の正午に昼食をとります。さらに7時間後の19時に夕食をとります。そして朝食は再び7時。そうなんです。12時間後です。  朝食とは、三度の飯の中でも前回の食事から最も時間が経ってからの食事なのです。といったっ

          来る朝ごとの論争とシラスチーズトースト 【レシピ- 船厨】

          座右に置きたい「心の海ガイド」 【キャビンの棚】

           とある遊園地に海賊船を模した遊覧船があって、その船長さんは、なんとモデルさんかと思われる見目麗しい若い女性でした。4本線の肩章が付いた真っ白い船長服に身を包み、操舵室では背筋を伸ばしてラットを握り「よーそろー」とは言いませんでしたが、周囲の安全確認をする際には、かかとを浮かしてつま先立ちする所作がなんとも健気に見えました。  といっても、その遊覧船は大柄ながら総トン数19トン以下にあつらえた、ディーゼルエンジンで動く実際の船です。船長はもちろん小型船舶操縦免許が必要です。

          座右に置きたい「心の海ガイド」 【キャビンの棚】

          ときどき私たちを導いてくれる小さな光の話。 【Coumun- 潮気、のようなもの。】

           読者の方の中には4月に生活環境が大きく変わった方々もいることだろう。月が変わって5月病に悩まされている人もいるかもしれない。新しい環境の中で、生活をスタートさせるのはなかなか大変なことだと思う。  この激動の世の中を航海するためには何が必要か。「風任せ」という考え方も素敵な気がするが、少しばかり無謀な気もする。人生にGPSのような便利なものは存在しない。しかし、我らの行くべき道を指し示す様々なシグナルは常に発せられている。テレビやラジオから流れる誰かのコメントかもしれない

          ときどき私たちを導いてくれる小さな光の話。 【Coumun- 潮気、のようなもの。】

          鮮度が命。水揚げに秒を争うキビナゴ漁 【ニッポンの魚獲り】

           室町時代にはポルトガルから鉄砲が伝来し国産火縄銃の製造が盛んになり、現代は種子島宇宙センターのロケット打ち上げ場となるなど、常に先端の科学技術と縁の深い種子島。そして、ここでは秋から冬にかけて、薩摩料理には欠かせないキビナゴの刺網漁が盛んになります。  種子島のキビナゴ漁は9月~2月末日までがシーズン。4月中頃から始まる産卵のため、春から夏にかけては休漁となります。  網の目は19節とし、種子島の市場に出す場合は20箱、鹿児島市の市場に出す場合は30箱までと水揚げ量にも自

          鮮度が命。水揚げに秒を争うキビナゴ漁 【ニッポンの魚獲り】

          釣るのも良いけど、食べて嬉しい槍烏賊。 【レシピ- 船厨】

           烏賊=イカは、サカナではなく軟体動物なので、ヒレの付いたカッコいい魚を釣るのが好きな筆者は意図的にイカ釣りを避けているのですが、ここまでイカ釣り人口が増えてくると、流石に無視できない存在になってきます。  もちろんイカ釣りは古くから行われていました。漁業で使われてきた独特の疑似餌「餌木」が使われることが多いです。その「餌木」をもじって、釣りギョーカイでは「エギング」という言葉が一般化して、多くの人がスポーツフィッシング(遊漁)として「エギング」を楽しんでいます。余計なこと

          釣るのも良いけど、食べて嬉しい槍烏賊。 【レシピ- 船厨】

          船に無くてはならない如意棒。 【海の道具】

           誰しも孫悟空が駆使する如意棒と筋斗雲に憧れた経験があるんじゃないでしょうか。言わずもがなの解説をすれば、如意棒は、悟空が耳から針のようなものを出し、頭の上で一振りすればビューンと伸びて、武器にもなれば、即席の丸太橋にもなっちゃうという、伸縮自在の棒のことです。  ボートフックというマリンアイテムがあります。これはボートアクセサリーの中でもかなり使用頻度が高く、かつ便利なもの。そして、どことなく如意棒に似ています。  主な使い道としては、出港時、デッキや岸壁、時には他のボート

          船に無くてはならない如意棒。 【海の道具】

          マイルスとヘミングウェイ、というこじつけ。 【キャビンの棚】

           マイルス・デイビスのトランペットはあまりにもジャズし過ぎていて、どうもここで取り上げるのに気が引けてしまいます。海辺で、というよりも、煙草の煙の充満した酒場で、ウィスキーでも飲みながら聞くイメージが強いせいかもしれません。でも、先日、よく晴れた海沿いの道路を車で走りながらこの「Milestones」を聴いていたら、妙にしっくりきたのも事実です。  それともう一つ、マイルスを海に結びつけたくなる理由があって、それは、アーネスト・ヘミングウェイとの共通点だったりします。この二

          マイルスとヘミングウェイ、というこじつけ。 【キャビンの棚】

          5月の壁紙- ボドルム(トルコ) 【海の壁紙】

           エーゲ海の南東岸に面するボドルムは、古城を中心に、リゾートホテル、賑やかなビーチ、ショッピングモールなどで賑わう魅力あふれた観光都市。近くには多くの島が浮かび、クルージングスポットに恵まれています。それら島々の美しい入り江は、陽が高くなると多くのチャーターボートで賑わいますが、早朝ならば静かで美しい海を独り占めできます。 ダウンロードはこちらから。

          5月の壁紙- ボドルム(トルコ) 【海の壁紙】

          航海に欠かせない水路図誌 【海の博物誌】

           船舶が航海や停泊するためになくてはならない物の一つに、「水路図誌」があります。いわば、陸上における交通案内マップと同じ物で、この「水路図誌」は「海図」と「水路書誌」に大きく分けられ、これらは国土交通省の外局の海上保安水路部で刊行されています。  海図を一言で言うなら、海の案内図。航海者には必要不可欠の道標であり、使用目的により種々に分類され、一般に航海用に使用される図:狭義の海図(Nautical Charts)と航海参考用に使用される図(Miscellaneous Ch

          航海に欠かせない水路図誌 【海の博物誌】