見出し画像

けっきょく手はベトベトです。でも幸せ。「ワタリガニのトマトクリームパスタ」 【船厨- レシピ】

 日本人は昔からカニが大好きです。どれぐらいカニが好きかというと、万葉集で和歌の題材にしてしまうほど好きでした。今では季節の旬のカニを食べるためのツアーが成立してしまうほど好きです。旅行に行かないまでも、日本海のズワイガニ、北海道産の毛ガニタラバガニ(タラバガニは厳密にいうとヤドカリですが)など、通販を利用して取り寄せてしまうほど好きです。
 交通手段が発達して、冷凍技術が発達して、ネットが発達して、日本人は北から南まで、いろいろなカニを食べることができるようになりました。でも昔は、こうはいきませんでした。カニはもちろんのこと、海産物というのは地産地食が当たり前、それ以外にはあり得なかったのです。

 江戸前のカニと言えば、「ワタリガニ」(ガザミ)が主流でした。北海道の南部から九州に至るまで、幅広く生息するこのカニは、魚屋さんで気軽に買うことができたからでしょうか、関東圏ではどことなく「庶民のカニ」といったイメージがあります。
 ですが、いちど冷静になってこのカニを味わってみてください。猛烈に美味です。泥質の海にいるせいか、人によっては“泥臭い”なんて言う人もいるかもしれませんが、いや、それも含めてのワタリガニです。誰がなんと言おうと美味いんです。

 ワタリガニは冬眠するらしいので、夏が旬のようなイメージがあるかもしれませんが、寒くなってからの雌のワタリガニは卵を抱いており、珍重されるといいます。また、漁業では刺し網などで捕獲されますが、国産品は年々、貴重品となり、スーパーなどでも輸入品が多いことに気づかされます。

 鍋や味噌汁の具材にしてもいいのですが、今回はパスタのソースに加えてみました。気取って食卓に並べてみたものの、けっきょく最後には手をべとべとにしながらカニのはさみにむしゃぶりつきます。
 こういう料理は、一緒に食べる人との距離を縮めてくれるようでいいですね。

「ワタリガニのトマトクリームパスタ」
■材料
ワタリガニ2杯、白ワイン100cc、トマト缶1個、生クリーム50cc、バター10g、タマネギ1/4個、にんにく2かけ、鷹の爪少々、塩少々、オリーブオイル適宜、ローリエ1枚
■作り方
1)タマネギをみじん切りにし、鍋にオリーブオイルをひいて炒める。しんなりしたらトマト缶を入れ、塩を少々、ローリエを入れて煮る
2)スキレットにオリーブオイルを敷き、みじん切りにしたニンニク、鷹の爪を入れ、香りが立ったら適当に切ったワタリガニ、白ワインを加え、カニに火が通るまで蓋をする
3)カニのみをほぐして、はさみの部分など一部を盛りつけように取り除く
4)2に1を入れ、カニの味が馴染むまで煮込んだ後、生クリームとバターを入れ、さらに煮る
5)好みの加減で茹でたパスタを4に絡め、皿に盛り、3で取り除いたカニを飾り付けてでき上がり

この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

いい記事だと思ったら、ハートマークを押して「スキ」してくれると嬉しいです。 「スキ」すると、季節のお魚イラストが釣れるかも。今日は何の魚かな?