マガジンのカバー画像

海の道具

24
マリンウェアからマリンギア、ボートやヨットのパーツに至るまで、ほかでは読めないマリン用品を扱うマニアックなヤマハマン担当コラム。
運営しているクリエイター

#ヤマハ発動機

八つ当たりして、お怪我されぬようご注意を 。 「バッテリー」 【海の道具】

 寒い冬の朝や、久しぶりに出港しようなどというとき、いざエンジンを掛けようとしたらバッテ…

これを使いこなすのもシーマンシップ〜「パドル」と「オール」 【海の道具】

 ボートを漕ぐための道具には「櫂(かい)」がありますが、英語ではこれを使い方によって「オ…

大海原にコンサートホールをつくる 「マリンオーディオ」 【海の道具】

 海で聴きたい音楽。人によって様々でしょうが、筆者に何かと問われれば、洋楽ならロッドスチ…

魚に優しく、イケスの機能を高める「マルチブリザーパイプ」 【海の道具】

 イケスというと、料亭の水槽を思い浮かべる、というのはなかなかの食いしん坊か呑兵衛な方で…

べったりまとわりつくけど、我慢してください 「グリス」 【海の道具】

 機械の可動部には潤滑油がよく使われますが、なかでもベアリングや車軸のように、常にスムー…

少年心をくすぐる、真っ暗な海での心強い味方「サーチライト」 【海の道具】

 ボートやヨットで使用するサーチライトは、車でいえばヘッドライトにあたるのだけれど、必ず…

大きなボートについている、あのながーい竿は何?  「アウトリガー」  【海の道具】

 ハワイやフロリダなど、オフショアスポーツフィッシングの盛んなところにあるマリーナの写真をみると、多くの大型ボートに、なにやら竿のようなものが突き立てられていることに気づきます(上の写真はアメリカのフロリダ)。  戦闘的で、かつメカニカルな雰囲気もあってかっこいいのだけれど、その用途を理解している人は案外と少ない。トローリングに興味のない人たちにとっては全く無縁な長尺物の飾りでしかありません。  それに、マリーナの周辺で見ている限り、使われている様子はないし、アンテナにし

スキ
45

ダメな私の「双眼鏡」の使い道 【海の道具】

 双眼鏡の使用シーンを思い浮かべる時、船に関わっていない人でもブリッジ(船橋)から船長が…

邪道、邪道と言わないで!カジキ釣りにだって使える「電動リール」 【海の道具】

 「そいつは邪道だぜ」と、世の中の“ヘミングウェイ”氏(※)から批判を受けそうですが、今…

魚にとってはハタ迷惑な機器「魚群探知機」  【海の道具】

 魚群探知機とはまた、物々しい名前ではありますが、その生い立ちが測深のための軍事技術に端…

大海原に浮かぶ小さな私に気づいて!小型船舶に搭載必須の「レーダーリフレクター」 …

 うろ覚えで申し訳ないのですが、昔見た映画で、漂流したボートがアルミホイルを幟(のぼり)…

元少年が心ときめく船の機械 「マリンレーダー」 【海の道具】

 レーダーと聞いて、真っ先に交通取締りを思い出す方も多いと思います。そんな方はくれぐれも…

渋い銀髪の船長とコミュニケーション? 「国際VHF無線機」 【海の道具】

 グローバル化が進んだとはいえ、日本にはまだまだ英語アレルギーの方も多いと思います。日頃…

「ディープサイクルバッテリー」なるものをご存じですか? 【海の道具】

 突然ですが「ディープサイクルバッテリー」なるものをご存じでしょうか。英語の日本語訳が必ずしも製品の総てを語ってくれるわけでもなく、これを直訳すれば「深く回転させる蓄電池」となります。よくわかりません……。  通常、ボートに積まれたバッテリーは、車と同様、主にエンジンを始動させることを目的としています。まだ動いてない状態のエンジンを、小さいモーターで回して弾みをつけてスタートさせるため、瞬発力が必要となります。そして一気に力(電気)を消耗した後は、動き出したエンジンで発電し

スキ
28