マガジンのカバー画像

海の道具

38
マリンウェアからマリンギア、ボートやヨットのパーツに至るまで、ほかでは読めないマリン用品を扱うマニアックなヤマハマン担当コラム。
運営しているクリエイター

#ヤマハ発動機

「自動膨張式ライフジャケット」を洗濯機で洗わないでください 【海の道具】

 飛行機などで使われるコンパクトな救命胴衣は、紐を引っ張ってボンベに穴を開けて膨らませま…

トレーラーとジャックナイフにご用心。 【海の道具】 

 普通、トレーラーと聞くと、大型トラックが引っ張りまわすアルミの箱やコンテナを乗っけた台…

目立たない小さな働き者 「ベンチレーター」 【海の道具】

 ベンチレーターは通気のための装置、というか、機構の総称で、部屋の換気などに使います。 …

間髪入れずにボールを投げ、取り続ける名選手 「チャープ式振動子」 【海の道具】

 最近、ボート業界のなかで、「チャープ」なる言葉をちらほら耳にするようになりました。何や…

意のままに動いてくれる有り難さよ 「油圧操舵機」 【海の道具】

  パワーステアリングなどという便利なシステムが乗用車に普及する以前、小径ハンドルにワイ…

身を削る忠義者 「アノード」 【海の道具】

 科学音痴にとって、特に電子系の話は目に見えないだけに不得手です。そんな人間が無謀にもア…

本来の目的では使いたくない、ラダーステップ 【海の道具】

 ラダーステップ。言葉の意味としては「梯子」ですね。これもボートやヨット特有のアクセサリーといえます。用途は言わずもがな、ボートから海上に降りる時や海上からボートに乗り込むのに使います。  多くはトランサム(船尾板)やトランサムステップ(船尾の階段状のステップ)に設置されていて、折り畳み式や跳ね上げ式になっています。これは、使わない時は水面から上げておくためです。  小型ヨットなどでは、簡易なロープ式のものもありますが、ゆらゆらと安定感に欠けて、慣れないとうまくボートに乗り

スキ
37

なるべく活躍して欲しくない備品 「消火バケツ」 【海の道具】

  船の備品の中で、もしかしたら一回も使わないまま朽ち果てていくんじゃないかっていう予感…

過保護な「エアフェンダー」  【海の道具】

 ボートに乗り始めて間もないうちは、キャプテンから「フェンダーを仕舞ってくれ」などと言われ…

世間の風をかわす道具はないけれど 、フネにはあります。  【海の道具】

 「スパンカー」は、元々は帆船の最船尾に張られるセールの一種で、船を風上に向けるときに使…

八つ当たりして、お怪我されぬようご注意を 。 「バッテリー」 【海の道具】

 寒い冬の朝や、久しぶりに出港しようなどというとき、いざエンジンを掛けようとしたらバッテ…

これを使いこなすのもシーマンシップ〜「パドル」と「オール」 【海の道具】

 ボートを漕ぐための道具には「櫂(かい)」がありますが、英語ではこれを使い方によって「オ…

大海原にコンサートホールをつくる 「マリンオーディオ」 【海の道具】

 海で聴きたい音楽。人によって様々でしょうが、筆者に何かと問われれば、洋楽ならロッドスチ…

魚に優しく、イケスの機能を高める「マルチブリザーパイプ」 【海の道具】

 イケスというと、料亭の水槽を思い浮かべる、というのはなかなかの食いしん坊か呑兵衛な方ですね。でも、ボートフィッシングファンならば、デッキの蓋を開けると、船底から海水の取り込み口がついているボックス型のスペースを真っ先に思い浮かべるはずです。  初めてこのスペースを見たときは正直いって驚きました。「船底に穴が開いてる! 欠陥じゃないか、この船」と。 もちろん今では、水は喫水線までしかあがってこない事を知っています。  では、その船底の穴を開いたままにして高速で航行するとどう

スキ
22