ヤマハ発動機 | 海の時間です。

ヤマハ発動機の公式アカウントです。 「海やフネの近くで人生を楽しみたい、日常生活に海の…

ヤマハ発動機 | 海の時間です。

ヤマハ発動機の公式アカウントです。 「海やフネの近くで人生を楽しみたい、日常生活に海の香りと風を吹かせたい」という皆さまに、ほんのり潮気が漂う読み物や写真をお届けします。 18年間、海を愛する人達にお届けしてきたメールマガジン「Salty life」から引っ越してきました。

リンク

ウィジェット

マガジン

  • 海の道具

    マリンウェアからマリンギア、ボートやヨットのパーツに至るまで、ほかでは読めないマリン用品を扱うマニアックなヤマハマン担当コラム。

  • キャビンの棚

    海を近くに感じることのできる音楽や書籍をご紹介。新しいものから古いものまで、いろいろと取りそろえてみます。

  • Tadamiの絵日記(風)

    マリンイラストレーターTadamiが「海の時間です。」に描き下ろすマリンワールドをお楽しみください。

  • We are Sailing! -セーリングの世界

    世界のトップを目指すヤマハセーリングチームの広報スタッフより、チームの活動から、ヨットの魅力や競技のみどころまで、様々なトピックスを初心者の方にもわかりやすくご紹介していきます。

  • ヤマハマリンクラブ・シースタイル

    ヤマハ発動機が運営する会員制レンタルボートクラブのマガジンです。海での様々な遊び方や全国のマリーナ情報など、海をより楽しむ情報を発信していきます!

記事一覧

11月の壁紙- ブリスベンリバー(オーストラリア) 【毎月更新/海の壁紙】

陽が西に傾き、その光が高層ビルの曲面ガラスに反射して、川面にスポットライトのような光を投げかけます。オーストラリアのクイーンズランド州ブリスベンの中心地を流れる…

ヤマハ発動機はおもしろいことをする会社です。 【We are Sailing! 】

 いよいよ来年の2月の終わりから、ヤマハセーリングチームの目標であるパリ大会の日本代表選考会が始まります。今回は、企業体であるヤマハ発動機株式会社が同チームをサ…

楽しさばかりではない、厳しい海での体験はきっと糧になる。 【社員紹介-私が海を愛する理由】

 9月17日と18日の2日間にわたって、静岡県湖西市にあるBOAT RACE浜名湖(浜名湖競艇場)で行われた「2023年ソーラー・人力ボート全日本選手権大会」(主催:日本ソーラー…

政府が認可している由緒あるクラブ旗も 【海の博物誌】

 ヨットやプレジャーボートは、大きさや用途からすると個人のもの、あるいはスポーツ用というイメージが強いのですが、機能や法律などの面では軍艦や商船と同じ船舶として…

最後の仕上げがイベントになる、アカハタの酒蒸し中華風 【レシピ- 船厨】

 マダイを狙って釣り糸を垂れていると、しょっちゅうハタの仲間が釣れます。釣り人が下手っぴなのか、はたまた釣り糸を垂れる場所が間違っているのかどうかわかりません。け…

“海が好き”を自負しながら、どれだけ海を知っているのか。 【キャビンの棚】

 私たちボート乗りのお楽しみのゲレンデ、海。とくに沖縄辺りにくり出して、白い砂浜から続く青い海と青い空の境目が溶け込んだグラデーションを見たりしたら、この美しい…

11月の壁紙- ブリスベンリバー(オーストラリア) 【毎月更新/海の壁紙】

11月の壁紙- ブリスベンリバー(オーストラリア) 【毎月更新/海の壁紙】

陽が西に傾き、その光が高層ビルの曲面ガラスに反射して、川面にスポットライトのような光を投げかけます。オーストラリアのクイーンズランド州ブリスベンの中心地を流れるブリスベンリバーは、対岸とを行き来する艀や、マリーナに出入りするプレジャーボート、ヨットなどでとても賑やかな河川です。日本の夕方でも、隅田川や淀川など、都心を流れる川では同じようなシーンが見られそうですね。

ダウンロードは以下からどうぞ。

ヤマハ発動機はおもしろいことをする会社です。 【We are Sailing! 】

ヤマハ発動機はおもしろいことをする会社です。 【We are Sailing! 】

 いよいよ来年の2月の終わりから、ヤマハセーリングチームの目標であるパリ大会の日本代表選考会が始まります。今回は、企業体であるヤマハ発動機株式会社が同チームをサポートする目的と意義について、チームリーダーである藤井茂さんに改めてお話を聞いてみることにしました。

 「私たちが考える470プロジェクトの目標は大きく分けて2つあります。まずは“世界で戦える艇体の開発”、次に“世界で戦える選手の育成”で

もっとみる
楽しさばかりではない、厳しい海での体験はきっと糧になる。 【社員紹介-私が海を愛する理由】

楽しさばかりではない、厳しい海での体験はきっと糧になる。 【社員紹介-私が海を愛する理由】

 9月17日と18日の2日間にわたって、静岡県湖西市にあるBOAT RACE浜名湖(浜名湖競艇場)で行われた「2023年ソーラー・人力ボート全日本選手権大会」(主催:日本ソーラー・人力ボート協会 )。大会の2日目、競艇場に隣接する芝生の広場には、各チームが工夫を凝らした手作り感満載の競技艇があって、参加者たちは出艇前のチェックに余念がありません。その中に、ヤマハ発動機社内のソーラーボートの同好会「

もっとみる
政府が認可している由緒あるクラブ旗も 【海の博物誌】

政府が認可している由緒あるクラブ旗も 【海の博物誌】

 ヨットやプレジャーボートは、大きさや用途からすると個人のもの、あるいはスポーツ用というイメージが強いのですが、機能や法律などの面では軍艦や商船と同じ船舶として扱われます。従って、航行するときも停泊中でも、一般の船舶と同様のルールを守らなくてはならないケースが多々あります。

 信号旗に関しても、船舶旗をはじめ一般船舶と共通の信号旗を使うことになっています。ただし、ヨットレースの場合は例外で、いく

もっとみる
最後の仕上げがイベントになる、アカハタの酒蒸し中華風 【レシピ- 船厨】

最後の仕上げがイベントになる、アカハタの酒蒸し中華風 【レシピ- 船厨】

 マダイを狙って釣り糸を垂れていると、しょっちゅうハタの仲間が釣れます。釣り人が下手っぴなのか、はたまた釣り糸を垂れる場所が間違っているのかどうかわかりません。けれども同じ場所で、同じような仕掛けでマダイも釣れるので、あながち釣り方が間違ってるともいえないようです。
 それならば、最初からハタを狙って釣りをしてみると、あら不思議。これまでいわゆる“外道”扱いしてきたハタなのに、狙って釣ってみるとか

もっとみる
“海が好き”を自負しながら、どれだけ海を知っているのか。 【キャビンの棚】

“海が好き”を自負しながら、どれだけ海を知っているのか。 【キャビンの棚】

 私たちボート乗りのお楽しみのゲレンデ、海。とくに沖縄辺りにくり出して、白い砂浜から続く青い海と青い空の境目が溶け込んだグラデーションを見たりしたら、この美しい海はずっと守っていかなきゃなんないなと、水の惑星に住む者として思いを新たにします。

 とはいうものの、自分はどれだけ海のことを知っているのだろうか、という忸怩たる思いも持ってきました。そんな折、東京・上野の国立科学博物館で特別展「海」が開

もっとみる