マガジンのカバー画像

船厨

29
海を感じる料理、ときどきドリンクにまつわるお話です。「大雑把」「手抜き」ご免のレシピ付き。
運営しているクリエイター

#レシピ

愛おしい「ホッケ」を美味しく頂戴するシンプルスパゲッティ 【船厨-レシピ】

 北海道の代表的な海産物に、ご存じ「ホッケ」があります。同じく北海道海産物の花形・ウニや…

100マイルの沖から届いた海の幸に感謝を込めてつくる「イカめし 」 【船厨-レシ…

 もう10年以上も前の話ですが、北海道の恵山を母港に漁業を営むある漁師の親子を取材したこと…

釣魚で楽しむ、我流「フィッシュアンドチップス」 【船厨- レシピ】

 カジキ釣りなど、ビッグゲームフィッシュの外道として扱われることの多いシイラですが、実は…

謎の物体の正体はモチモチした楽しい食感のソデイカでした。 【船厨- レシピ】

 つい先日、公私ともにお世話になっているセーリング写真界の巨匠のお宅を訪ねたところ、大き…

ソルティドッグ。でも、塩まみれなのは犬ではなく人なのです 【船厨-レシピ】

 犬を飼い始め、一緒に海岸を散歩するようになりました。見知らぬサーファーが走って海の中に…

時代小説にでてくる美味しそうなご飯を試してみました 「鰹のそぼろ」 【船厨- レシピ…

 時代小説の楽しみの一つに、当時、暮らしていた人々の「食」を垣間見られることが上げられま…

イワシに敬意を抱きつつこさえた 「オイルサーディン」 【船厨- レシピ】

 鮮魚専門店で、氷水を張ったトレイに並ぶイワシと目が合ってしまいました。その目が「もう、煮るなり焼くなり好きにしてくれ」と訴えかけてきます。もうすでに息絶えているのに、それでも語りかけてきます。  イワシという魚について考えてみてください。彼らの周りには敵だらけです。カジキにマグロ、カツオやシイラ、スズキにサバやアジ、サメ。彼らより大きな魚食性の魚は、わたしたちが知っているだけでもたいていがイワシを好物としています。魚だけではありません。鯨やイルカをはじめ、アザラシやオッ

スキ
41

“鰆の旬”に混乱しつつ、“洋食”に舌鼓 「サワラのトマトソースグラタン」 【船厨-…

 うお偏に、つくりを春とかいて「サワラ」と読みます。鰆です。風情のある漢字ですね。そして…

せっかちな漁師のご飯で春を味わう 「深川めし」 【船厨-レシピ】

 「江戸っ子は気が短い」というのは定説です。落語などでも江戸の町民は気が短い(というより…

「タイ風タイのフィッシュヘッドカレー」で東南アジアへ飛ぶ 【船厨- レシピ】

 珍しく、東京湾で見事なマダイを釣り上げました。ホントに珍しく、です。63センチありました…

ポルトガル生まれのイタリア育ち 「干し鱈とジャガイモのオーブン焼き」 【船厨-レシ…

 日本の食卓でおなじみのタラ(鱈)は、西洋の人々が避けたがる魚の生臭さが少ないことから世…

ヨット 〈ノーサイド〉 の船上ランチ 「カマンベールとハムのバケットサンド」 【レシ…

 コンビニエンス・ストア(コンビニ)の登場は、船上におけるボーターやセーラーの食事を劇的…

熱燗がうまい季節にひと手間かけて 「ふぐ鰭酒」 【船厨- レシピ】

 かなり熱めの燗から香ばしい湯気が立ち上ります。火を入れ、軽くアルコールを飛ばして。中に…

情熱の米との出会いで実現したイタリアの港町の味(たぶん) 「リゾット・アッラ・ペスカトーラ」 【船厨-レシピ】

 もっと簡単にできるかと思っていたのですが、思っていた以上に手間のかかる料理でした。とっちらかった鍋だの皿だのをひと通り洗い終えたところです。最後に残ったのはトマトピューレをつくるのに使った、ホールトマトの残骸がこびりついたザルです。悪戦苦闘しながらそのザルをきれいに洗いつつ、たったいま味わった料理の味を思い出します。かなり美味かったのです。こさえてやった相手も大喜び、大絶賛でした。  リゾット・アッラ・ペスカトーラ、ちょっとしゃれて書いてみましたが、まあ、魚介のリゾットの

スキ
68