マガジンのカバー画像

We are Sailing! -セーリングの世界

28
世界のトップを目指すヤマハセーリングチームの広報スタッフより、チームの活動から、ヨットの魅力や競技のみどころまで、様々なトピックスを初心者の方にもわかりやすくご紹介していきます。
運営しているクリエイター

記事一覧

世界の海で闘う、もうひとつのメイド・イン・ジャパン 【We are Sailin…

 自動車に例えるなら、エンジンのようなもの──。前回はヨットのセールについてあれやこれや…

艇体だけではない、“セール”へのこだわり。 【We are Sailing!】

 乗り物としてヨット(セールボート)を語る際によく言われるのが「セールがエンジンです」と…

マルセイユへ、それぞれの道と思い。 【We are Sailing!】

 パリ大会(セーリング競技の会場はマルセイユ)への出場を目指すヤマハセーリングチームのセ…

ヤマハ発動機はおもしろいことをする会社です。 【We are Sailing! …

 いよいよ来年の2月の終わりから、ヤマハセーリングチームの目標であるパリ大会の日本代表選…

企業スポーツの“温かみ”から生まれる「感動」もある。 【We are Saili…

 9月14日18時、ヤマハ発動機本社のマリン事業本部がある磐田市(静岡県)の社屋で、ヤマハセ…

ふつうはビビる風のなかでも楽しめる精神力とスキルは魅力! 【We are Sa…

磯崎/関が世界選手権で銅メダル!  まずご報告です。4年に一度おこなわれる国際スポーツイ…

自分の身は自分で守る、互いに助け合う。ジュニアヨットスクールのもうひとつの活動 【We are Sailing!】

 3月にお届けしたレポートでは、小~中~高校生までのジュニア/ユース世代のセーラーたちのヨットレース(セーリング・チャレンジカップ in 浜名湖)の様子をご紹介しました。この大会に参加していた選手の大半は、全国に点在するジュニアヨットクラブに所属する子どもたちです。  ジュニアヨットクラブといってもその活動形態は様々ですが、ざっくり分類すると次の2つの形態になりそうです。ひとつは、ヨットレースで勝てるセーラーを育成することを目的とした活動。もうひとつは、ヨットを通じて海の楽

外洋でシーマンシップを磨く、もう一つの大学ヨット部。 【We are Saili…

 以前、このマガジンで大学のヨット部についてお話させていただきましたが、今回は、「もう一…

「心技体」の「心」を担当。選手たちをこよなく愛するメンタルコーチ 【We are Sailin…

 今年の2月、沖縄の与那原マリーナで行われたJSAF(日本セーリング連盟)主催の強化合宿に撮…

昭和の鬼コーチとはひと味違う「気合いと根性」 【We are Sailing!】

 昨年(2022年)秋、470級ミックスのチームを結成した磯崎哲也/関百合恵。パリを目指すチー…

春の風の中、小中高生が躍動したセーリングレガッタ 【We are Sailing…

 2020~2022年の3年間、中止となっていた「第31回YMFSセーリングチャレンジカップ」が、3月19…

沖縄で集中トレーニング- JSAF470級強化合宿 【We are Sailin…

 2月から3月にかけて、プロ野球ではキャンプの話題で持ちきりです。沖縄や宮崎など温暖な場所…

競技だけではないんです〜楽しいセーリングスポーツのいろいろ。 【We are Sailing!】

 皆さま、こんにちは。広報担当のメンバー、Mです。今回はちょっと470級の競技から離れて、異…

新チームで初めての世界選手権。この悔しさは必ず糧になる 【We are Sailing!】

 このマガジンの読者の皆さんなら既にご存じかと思いますが、ヤマハセーリングチームがチャレンジしている国際470級という種目は、2024年のパリ大会から男女混合のミックス種目となることが決まっています。前回の東京大会までは、男子/女子とそれぞれ2種目行われていたものが、次回からは男女混合の一種目となるのです。  今年の10月末、イスラエルのスドットヤム・ヨットクラブで開催された2022年470級世界選手権大会は、男女混合種目として初めて開催される世界選手権となりました(2020