ヤマハ発動機 | 海の時間です。

ヤマハ発動機の公式アカウントです。 「海やフネの近くで人生を楽しみたい、日常生活に海の…

ヤマハ発動機 | 海の時間です。

ヤマハ発動機の公式アカウントです。 「海やフネの近くで人生を楽しみたい、日常生活に海の香りと風を吹かせたい」という皆さまに、ほんのり潮気が漂う読み物や写真をお届けします。 18年間、海を愛する人達にお届けしてきたメールマガジン「Salty life」から引っ越してきました。

リンク

ウィジェット

マガジン

  • 海の道具

    マリンウェアからマリンギア、ボートやヨットのパーツに至るまで、ほかでは読めないマリン用品を扱うマニアックなヤマハマン担当コラム。

  • キャビンの棚

    海を近くに感じることのできる音楽や書籍をご紹介。新しいものから古いものまで、いろいろと取りそろえてみます。

  • Tadamiの絵日記(風)

    マリンイラストレーターTadamiが「海の時間です。」に描き下ろすマリンワールドをお楽しみください。

  • We are Sailing! -セーリングの世界

    世界のトップを目指すヤマハセーリングチームの広報スタッフより、チームの活動から、ヨットの魅力や競技のみどころまで、様々なトピックスを初心者の方にもわかりやすくご紹介していきます。

  • ヤマハマリンクラブ・シースタイル

    ヤマハ発動機が運営する会員制レンタルボートクラブのマガジンです。海での様々な遊び方や全国のマリーナ情報など、海をより楽しむ情報を発信していきます!

記事一覧

5月の壁紙- バリ(インドネシア) 【毎月更新/海の壁紙】

日本でも人気のアジア有数のリゾート「バリ」。南部の海岸に位置する州都・デンパサールのビーチは多くの人々で賑わい、夕方になると多くのレストランがビーチで店開きの準…

機能とデザインを意識した粋なレール 【海の道具】

 ボートをよく見てみると、あちらこちらにレールが張り巡らされていることに気づきます。特にバウ、船の先方部分にはぐるりと取り囲むように設置されているものが多いです…

昭和の鬼コーチとはひと味違う「気合いと根性」 【We are Sailing!】

 昨年(2022年)秋、470級ミックスのチームを結成した磯崎哲也/関百合恵。パリを目指すチームとしては最も遅い始動となったこのチームには、もう一人のメンバーがいます…

いつか家族で、ヨットの上から眺める美しい夕陽。 【社員紹介-私が海を愛する理由】

 現在、ヤマハ発動機のマリン事業本部に在籍し、シースタイルの企画・運営業務を担当する長谷川彩乃(旧姓・工藤)さんは、まだ学生だった2018年に女子470級のクルー(主…

伊予の海賊はこんなに美味いモンを食べていたのか。 【レシピ- 船厨】

 愛媛県の沖合、宇和海・備後水道の真ん中に日振島という島があります。面積は3.25平方キロメートルという小さな島なのですが、グレ(メジナ)やヒラメの絶好の釣り場とし…

Sea-Style「港・横浜・別世界」 【ヤマハマリンクラブ・シースタイル】

横浜といえば安政の開港5港のなかでは最も大きく、人口の多さでは群を抜き、首都圏の港としての位置付けから貨物船やクルーズ船などが寄港する、日本を代表する港町。シー…

5月の壁紙- バリ(インドネシア) 【毎月更新/海の壁紙】

5月の壁紙- バリ(インドネシア) 【毎月更新/海の壁紙】

日本でも人気のアジア有数のリゾート「バリ」。南部の海岸に位置する州都・デンパサールのビーチは多くの人々で賑わい、夕方になると多くのレストランがビーチで店開きの準備を始めます。その沖にはたくさんの漁船が浮かんでいます。バリでは魚港が整備されていないところが多く、多くの漁民はビーチから船を出し、沖へと出て行きます。

壁紙は以下よりダウンロードできます。

機能とデザインを意識した粋なレール 【海の道具】

機能とデザインを意識した粋なレール 【海の道具】

 ボートをよく見てみると、あちらこちらにレールが張り巡らされていることに気づきます。特にバウ、船の先方部分にはぐるりと取り囲むように設置されているものが多いですね。ボートのボディの堅強さからすると華奢に見えるかもしれないけれど、取り付け部分はしっかりと補強されていて、人が寄り掛かろうがぶら下がろうが、びくともしない。それもそのはず、元より乗船者の落水を防ぐのがその主たる役割なのだから頑丈なのは当た

もっとみる
昭和の鬼コーチとはひと味違う「気合いと根性」 【We are Sailing!】

昭和の鬼コーチとはひと味違う「気合いと根性」 【We are Sailing!】

 昨年(2022年)秋、470級ミックスのチームを結成した磯崎哲也/関百合恵。パリを目指すチームとしては最も遅い始動となったこのチームには、もう一人のメンバーがいます。コーチの小泉颯作さんです。

 3人でいると、誰が選手で誰がコーチなのかわかりません。それもそのはず、この3人はほぼ同世代で、最年長の磯崎選手から一学年下が小泉コーチ、その一学年下がクルーの関選手。小泉さん自身も昨年まで470級のヘ

もっとみる
いつか家族で、ヨットの上から眺める美しい夕陽。  【社員紹介-私が海を愛する理由】

いつか家族で、ヨットの上から眺める美しい夕陽。 【社員紹介-私が海を愛する理由】

 現在、ヤマハ発動機のマリン事業本部に在籍し、シースタイルの企画・運営業務を担当する長谷川彩乃(旧姓・工藤)さんは、まだ学生だった2018年に女子470級のクルー(主に前帆の操作と風や波に合わせ体重移動をこなすポジション)としてヤマハセーリングチームに加入しました。
 当時、身長171cm・体重65kgという恵まれた体格と、クルーとしてのセーリングセンス、2016年に開催された全日本470級ヨット

もっとみる
伊予の海賊はこんなに美味いモンを食べていたのか。 【レシピ- 船厨】

伊予の海賊はこんなに美味いモンを食べていたのか。 【レシピ- 船厨】

 愛媛県の沖合、宇和海・備後水道の真ん中に日振島という島があります。面積は3.25平方キロメートルという小さな島なのですが、グレ(メジナ)やヒラメの絶好の釣り場として、太公望にとってはまことに魅力的な島です。
 中世には伊予水軍のルーツとも言える藤原純友がその一党1000隻の船を擁し、この島を本拠地としていました。

 ここでは「鯛めし」とも呼ばれる郷土料理があります。別名を「ひゅうが飯」といい、

もっとみる
Sea-Style「港・横浜・別世界」 【ヤマハマリンクラブ・シースタイル】

Sea-Style「港・横浜・別世界」 【ヤマハマリンクラブ・シースタイル】

横浜といえば安政の開港5港のなかでは最も大きく、人口の多さでは群を抜き、首都圏の港としての位置付けから貨物船やクルーズ船などが寄港する、日本を代表する港町。シースタイルでも人気のエリアでボーティングを楽しみました。

歴史のある港街

 端から話が脱線しますが、横浜といえば日本初のモノが揃う場所。例えばカメラやマッチ、食品で言えばアイスクリームやトマトケチャップ。ハードなものになると鉄道やガス灯、

もっとみる