マガジンのカバー画像

海の道具

38
マリンウェアからマリンギア、ボートやヨットのパーツに至るまで、ほかでは読めないマリン用品を扱うマニアックなヤマハマン担当コラム。
運営しているクリエイター

#マリンレジャー

「自動膨張式ライフジャケット」を洗濯機で洗わないでください 【海の道具】

 飛行機などで使われるコンパクトな救命胴衣は、紐を引っ張ってボンベに穴を開けて膨らませま…

身を削る忠義者 「アノード」 【海の道具】

 科学音痴にとって、特に電子系の話は目に見えないだけに不得手です。そんな人間が無謀にもア…

“ほどけない結び”なんて厳禁です! 「ロープとその使い方」 【海の道具】

 ボートにおいて、ロープは無くてはならないアイテムのひとつです。係留する時はもとより、曳…

本来の目的では使いたくない、ラダーステップ 【海の道具】

 ラダーステップ。言葉の意味としては「梯子」ですね。これもボートやヨット特有のアクセサリ…

なるべく活躍して欲しくない備品 「消火バケツ」 【海の道具】

  船の備品の中で、もしかしたら一回も使わないまま朽ち果てていくんじゃないかっていう予感…

過保護な「エアフェンダー」  【海の道具】

 ボートに乗り始めて間もないうちは、キャプテンから「フェンダーを仕舞ってくれ」などと言われ…

逆もまた真なり 「ドライバッグ」 【海の道具】

 日常生活においても、物を濡らさないようにするというのは重要な事だけれど、海の上では周りが水だらけなだけに、そうした役目を持つアイテムは多いもの。そのなかでも「ドライバッグ」は必須アイテムといえます。  ドライバッグというだけにその使命は中身から水をシャットアウト、ドライネスを保つことに尽きます。そのため、通常、表面にはビニールなどのコーティングが施されています。ただコーティングできればいいという単純なものではない、というのはメーカーの談。  布地は始終折り曲げられたりシワ

スキ
39

横滑り、大歓迎。「サイドスラスター」 【海の道具】

 クルマでいうところの縦列駐車と同様、キャプテンにとって船の着岸は、腕の見せ所。でも、逆…

なかなか伝わらない贅沢品「デッキテーブル」 【海の道具】

 ほとんどのボートのアフトデッキには、テーブルのようなものはありません。あれば、ランチで…

まるで「人生」のような 「錨=アンカー」のお話し 【海の道具】

 多くの人は錨(=アンカー)というと、丸い輪っかを頭にして、下部に左右にフックを携えたよ…

我が道を行く、一本気な航海機器「コンパス」 【海の道具】

 ボート免許を取得された方はきっと経験があるでしょう。棒の頭に球体状の物を載せたハンドコ…

フネや乗り手にも優しい? 「テンダーボート」 【海の道具】

 よく省略されて「テンダー」と言い表すことが多いのですがが、正式には「テンダーボート」と…

ようするに、いわゆる「カッパ」のことなんですが。 【海の道具】

 「オイルスキン」というウェアの名前をごぞんじですか? 海の世界、特にヨットマンたちの多…

べったりまとわりつくけど、我慢してください 「グリス」 【海の道具】

 機械の可動部には潤滑油がよく使われますが、なかでもベアリングや車軸のように、常にスムーズに動き続けることが義務付けられている部分には、よくグリスが塗りたくられています。グリスもオイル系の物質ですが、固体と液体の中間、ジェル状のものがグリスです。  オイルのように流れ落ちてしまうのではなく、べったりとそこに留まって張り付き、金属と金属の間に入り込んで滑りを良くする。そういう摩擦部分に使われるグリスは熱にも強く、溶けにくくできていて、耐熱グリスなどと呼ばれています。  それだ

スキ
29