ヤマハ発動機 | 海の時間です。

ヤマハ発動機の公式アカウントです。 「海やフネの近くで人生を楽しみたい、日常生活に海の…

ヤマハ発動機 | 海の時間です。

ヤマハ発動機の公式アカウントです。 「海やフネの近くで人生を楽しみたい、日常生活に海の香りと風を吹かせたい」という皆さまに、ほんのり潮気が漂う読み物や写真をお届けします。 18年間、海を愛する人達にお届けしてきたメールマガジン「Salty life」から引っ越してきました。

リンク

ウィジェット

マガジン

  • キャビンの棚

    海を近くに感じることのできる音楽や書籍をご紹介。新しいものから古いものまで、いろいろと取りそろえてみます。

  • ニッポンの魚獲り

    魚が好きな人たちへ。日本の漁業従事者たちと、50年以上にわたってその仕事に寄り添ってきたヤマハのFRP漁船や和船。日本の食卓を彩り、楽しませ、人々の健康を支えている漁師たちの姿と彼らの船、漁法を覗いてみましょう。

  • Column- 潮気、のようなもの。

    海辺を歩き、湖畔や川辺に立ち、フネで沖をさまよう、マリンジャーナリストたちが見て、聞いて、知って、感じたことなどを綴っていきます。

  • Tadamiの絵日記(風)

    マリンイラストレーターTadamiが「海の時間です。」に描き下ろすマリンワールドをお楽しみください。

  • 船厨

    海を感じる料理、ときどきドリンクにまつわるお話です。「大雑把」「手抜き」ご免のレシピ付き。

記事一覧

9月の壁紙- ピラン(スロベニア) 【毎月更新・海の壁紙】

スロベニアの首都・リュブリャナから海辺へと車を走らせ、たどり着いたのは、ピランというアドリア海に面した小さな港町。海岸線が47kmという国でありながら、この国の海辺…

工学と人文科学、自然が融合したセーリング競技へのアプローチ 【We are Sailing!】

 現在、YAMAHA470チームのリーダーを務めているのは藤井茂(58歳)。役割はプロジェクトマネージャーですが、プロ野球でいえば監督とゼネラルマネージャーの中間のような…

ロープカッターは“オトナ少年”憧れのアイテム 【海の道具】

 刺身専用の包丁があるように、ロープを切断するための専用の刃物としてロープカッターがあります。  専用刃物は、その形状に特徴が表れますが、ロープカッターの場合も…

二度と出合うことのない波に体を同調させる。生きてるなあ、と実感するんです【社員紹介-私が海を愛する理由】

 杉浦利一さん。静岡県富士市出身。今年で48歳になります。杉浦さんが愛してきたボディーボードの魅力を知ったのは中学生のとき。それから30年以上が経ちました。 山の中…

好きなものを好きなだけ 「鮹と海老のかき揚げ天丼」 【船厨- レシピ】

 「江戸三昧」という言葉があります。江戸由来の食べ物で「蕎麦」「寿司」「天麩羅」を指します。いずれも庶民が楽しむ食べ物だったはずですがが、時代とともにそれらの立…

海を行き交う人々は誰であり、何を夢見ていたのか ─。 【キャビンの棚】

 海外の海をあちこち旅していると「ここはどこそこの海に似ているぞ」と思うことがよくあります。確かに海は、すべてが繋がっているのだし、それも沖に出てしまえば、その…

9月の壁紙- ピラン(スロベニア) 【毎月更新・海の壁紙】

9月の壁紙- ピラン(スロベニア) 【毎月更新・海の壁紙】

スロベニアの首都・リュブリャナから海辺へと車を走らせ、たどり着いたのは、ピランというアドリア海に面した小さな港町。海岸線が47kmという国でありながら、この国の海辺には美しい景色、美味しい食べ物であふれています。ひと通り海で遊んだ一日の終わり。帰り際に振り返ってみると、そこには海の美しさに引けを取らない、極上の空がありました。明日の海が楽しみになります。

ダウンロードはこちらからどうぞ。

工学と人文科学、自然が融合したセーリング競技へのアプローチ 【We are Sailing!】

工学と人文科学、自然が融合したセーリング競技へのアプローチ 【We are Sailing!】

 現在、YAMAHA470チームのリーダーを務めているのは藤井茂(58歳)。役割はプロジェクトマネージャーですが、プロ野球でいえば監督とゼネラルマネージャーの中間のような存在です。
 この男、選手ではありませんがちょっと面白いプロフィールを持っているので、今回はこのチームリーダーを紹介しつつ、チームリーダーの役割について見ていきたいと思います。

工学部船舶工学科で学んだ造船理論

 北海道室蘭市

もっとみる
ロープカッターは“オトナ少年”憧れのアイテム 【海の道具】

ロープカッターは“オトナ少年”憧れのアイテム 【海の道具】

 刺身専用の包丁があるように、ロープを切断するための専用の刃物としてロープカッターがあります。
 専用刃物は、その形状に特徴が表れますが、ロープカッターの場合も刃の形状が特徴的です。パッと見は、まるで食パン用のナイフのようです。つまり刃が凸凹と波打っているのです。

 切断する対象であるところのロープの構造を思い出してみましょう。細い糸を撚り合わせ、更にそれをまた撚り合わせ、といった具合に作る三つ

もっとみる
二度と出合うことのない波に体を同調させる。生きてるなあ、と実感するんです【社員紹介-私が海を愛する理由】

二度と出合うことのない波に体を同調させる。生きてるなあ、と実感するんです【社員紹介-私が海を愛する理由】

 杉浦利一さん。静岡県富士市出身。今年で48歳になります。杉浦さんが愛してきたボディーボードの魅力を知ったのは中学生のとき。それから30年以上が経ちました。

山の中で出合ったウォータースポーツ

 「どちらかというと最近は山に出かけることの方が多いですね。会社の仲間とマウンテンバイクを楽しんでいます。最近の海といえば、年に数回ほどですが、家族と西伊豆の海に出かけていって、SUP(スタンドアップパ

もっとみる
好きなものを好きなだけ 「鮹と海老のかき揚げ天丼」 【船厨- レシピ】

好きなものを好きなだけ 「鮹と海老のかき揚げ天丼」 【船厨- レシピ】

 「江戸三昧」という言葉があります。江戸由来の食べ物で「蕎麦」「寿司」「天麩羅」を指します。いずれも庶民が楽しむ食べ物だったはずですがが、時代とともにそれらの立場は変わっていきます。蕎麦は今でも庶民の食べ物ではありますが、凝りに凝って打った蕎麦は、やはり贅沢な一面があるように思えます。寿司は、回転寿司の登場で大きく環境が変わりました。

 天麩羅はどうでしょう。やはりファーストフード系の天丼家さん

もっとみる
海を行き交う人々は誰であり、何を夢見ていたのか ─。 【キャビンの棚】

海を行き交う人々は誰であり、何を夢見ていたのか ─。 【キャビンの棚】

 海外の海をあちこち旅していると「ここはどこそこの海に似ているぞ」と思うことがよくあります。確かに海は、すべてが繋がっているのだし、それも沖に出てしまえば、その特色を見つけることはなかなか難しいことかもしれません。 
 でも、それぞれの海には人が生活しています。そして船があります。そこに決定的な海の特色を見いだすことができるのです。それらの存在こそが「海」を「文化」にせしめるのだと思えます。
 少

もっとみる