ヤマハ発動機 | 海の時間です。

ヤマハ発動機の公式アカウントです。 「海やフネの近くで人生を楽しみたい、日常生活に海の…

ヤマハ発動機 | 海の時間です。

ヤマハ発動機の公式アカウントです。 「海やフネの近くで人生を楽しみたい、日常生活に海の香りと風を吹かせたい」という皆さまに、ほんのり潮気が漂う読み物や写真をお届けします。 18年間、海を愛する人達にお届けしてきたメールマガジン「Salty life」から引っ越してきました。

リンク

ウィジェット

マガジン

  • 船厨

    海を感じる料理、ときどきドリンクにまつわるお話です。「大雑把」「手抜き」ご免のレシピ付き。

  • キャビンの棚

    海を近くに感じることのできる音楽や書籍をご紹介。新しいものから古いものまで、いろいろと取りそろえてみます。

  • ニッポンの魚獲り

    魚が好きな人たちへ。日本の漁業従事者たちと、50年以上にわたってその仕事に寄り添ってきたヤマハのFRP漁船や和船。日本の食卓を彩り、楽しませ、人々の健康を支えている漁師たちの姿と彼らの船、漁法を覗いてみましょう。

  • Column- 潮気、のようなもの。

    海辺を歩き、湖畔や川辺に立ち、フネで沖をさまよう、マリンジャーナリストたちが見て、聞いて、知って、感じたことなどを綴っていきます。

  • 海の道具

    マリンウェアからマリンギア、ボートやヨットのパーツに至るまで、ほかでは読めないマリン用品を扱うマニアックなヤマハマン担当コラム。

船厨

海を感じる料理、ときどきドリンクにまつわるお話です。「大雑把」「手抜き」ご免のレシピ付き。

すべて見る

居酒屋さんで出会ったイカわたチャーハン 【レシピ- 船厨】

 海に行かずとも、潮気の漂う食堂やレストランというのというのは街中にもいくらでもあって、海から遠ざかっているときなどは、気持ちを落ち着かせるのに役立ってくれたりします。  こちらは昔、通っていた都会の繁華街から少し外れたところにある居酒屋さんのいわゆる“裏メニュー”を思い出して作ってみたチャーハンです。  魚屋さんが経営していると聞いていましたが、とにかくメニューが豊富でした。そして、料理が総じて豪快でした。大将と、姉か妹かどちらか忘れてしまったけれど、とにかく女将も元気が

スキ
41

「春を知らせる魚」をいただきましょうか。 【レシピ- 船厨】

 メバルは一年を通して楽しめる釣魚の一つ。餌で、ルアーで。防波堤で、もちろんボートで。釣りをした経験のある方も多いことでしょう。  このメバルの呼び名ですが、漢字では「眼張」、または「目張」と書きます。これは眼が大きく張り出していることからつけられた名前です。もう一つ、お寿司屋さんの湯飲みによく書かれている漢字では「鮴」と書きます。これは岩陰や海藻からあまり移動しない習性を、休んでいると表現したもの。  さて、メバルの生物的特長のひとつに、魚の中では数少ない「胎生」であ

スキ
71

荒んだ海賊のイメージを振り払い、上品にいただく冬の夜のラム 【レシピ- 船厨】

 ずいぶんと行っていないけれど、ある世界的なテーマパークの、海賊のコーナーが好きでした。17世紀から18世紀にかけて、カリブ海で暴れていた海賊の狼藉ぶりを、レールの上をゆっくり走る小さなボートのような乗り物に乗って見て回る、アレです。動く人形がたくさんいるのですが、その海賊のほとんどは酔っ払っているように見えます。記憶違い、思い込みかもしれませんが、ボトルをラッパ飲みしている人形もあったような気がします。たぶん、ラムです。船乗りの酒です。  サトウキビを原料に作られたこの蒸

スキ
66

カレイの料理で思い出す、フランス語と津軽弁 【レシピ- 船厨】

 ふだんは使い慣れた外来語の語源など考えることなどしないものですが、気になって調べてみると、意外な発見があったりして楽しいですね。  ムニエルをつくりました。日本でも家庭料理として、けっこうポピュラーなフランス料理だと思うのですが、フランス語でも学んでいない限り、その言葉=ムニエルが「ムニエ」の女性形である、なんてことは、知らないままだと思います。  「ムニエ」は「粉」や「粉屋」の意味なんだそうです。そして「ムニエル」は、「粉屋のおかみさん風」ということになるのだそうです

スキ
82

キャビンの棚

海を近くに感じることのできる音楽や書籍をご紹介。新しいものから古いものまで、いろいろと取りそろえてみます。

すべて見る

ひとを再生させる灯台。 【キャビンの棚】

 Oc W 8s 29m 8M  (単明暗白光 明6秒暗2秒 灯高29m 光達距離8海里)  この灯台の灯質略記を見て「あそこだな」と分かる人がいるでしょうか。まあ、ありふれた光り方ではあります。2010年に廃止になった東京灯標のものなんですが、仮に現役時代であったとしても、東京港玄関口のシンボルであったこの灯標の略記を、わざわざ海図で確かめる人もいなかったでしょう。  ところで、「灯台どうだい?」というマニアなフリーペーパーを発行している女性がいます。不動まゆうさんです。

スキ
24

「僕の愛は、海より深い」と真顔で言ってみる。 【キャビンの棚】

 海という言葉は、「広さ」や「深さ」を表すときによく使われます。かつては調子に乗った海の男どもが、女性に愛を伝えるときに時にしばしば使いました。よくわからないけど、世間では海はロマンティックなものだと思われていたのです。いや、いまでもそう信じたいのです。あんなにしんどいところであるのに関わらず。  用例としては、パートナーを置いてけぼりにしてのヨットやボート通いが続いてしまい、それを責め立てられるようなとき、「君の心は海のようだ。ゆるして」とか、あるいは相手の目をみつめ「君

スキ
25

魔法にかかった島々の、ミステリー。 【キャビンの棚】

 副題が英語で「THE BEAGLE IN THE GALAPAGOS」となっています。そう、あの進化論のチャールズ・ダーウィンが『種の起源』を著すきっかけとなった19世紀前半のビーグル号の航海が舞台。史実のはざまに巧妙に創作を盛り込んで、ガラパゴス群島内の閉ざされた小島に上陸した一行が次々と怪死を遂げてゆきます。  犯人は一行のうちのだれかには違いない、それにしても動機は何か──。  船付きの画家がワトスン役かつ語り手となり、探偵役は若きダーウィン自身。そして最後、生き残

スキ
30

緊張感を楽しみつつ、それを解消したいですね。 【キャビンの棚】

 拙子がはじめてフネ(ヨットでした)で海に出たときに、とても世話になった教本があります。「ヨット百科」という本でした。ヨットはなぜ走るのか、といったベーシックな知識はもちろん、ロープの結び方から天気図の読み方、荒天時の対応方法など実践的内容がふんだんに盛り込まれた名著だったと思います。とにかく世話になった本です。若いとき、その本で座学を行い、その後、海に出て実践的なトレーニングを行っていました。当時(今も、なんだけど)、金はなかったけど時間はあったので、いろいろなことが身につ

スキ
37

ニッポンの魚獲り

魚が好きな人たちへ。日本の漁業従事者たちと、50年以上にわたってその仕事に寄り添ってきたヤマハのFRP漁船や和船。日本の食卓を彩り、楽しませ、人々の健康を支えている漁師たちの姿と彼らの船、漁法を覗いてみましょう。

すべて見る

地味な漁かもしれないが、誇りはある。 【ニッポンの魚獲り】

 鹿児島県の北東部、志布志湾に面した東串良町で漁業を営む森山正章さんは、2001年に故郷に戻ってきたUターン漁師。試行錯誤を重ねながら、この仕事を続けてきました。  「漁業をしたい気持ちが強かったとか、そんなたいそうなものではなく、地元に帰ればとりあえず仕事はある、そんな軽い気持ちだったんですよ」と当時を振り返る森山さん。ところが最初の1年間、父親の元で経験した修行で“軽い気持ち”ではやっていけないことを痛感することになりました。  「風雨が強いのに平然と仕事をしたり、真っ暗

スキ
52

風味豊かな“幻の海苔”で未来を拓く 【ニッポンの魚獲り】

 かつては笠岡諸島をなす独立した島であった岡山県笠岡市の神島は、1966年から始まった笠岡干拓事業によって陸続きの土地となりました。かつては多数あったノリ養殖家は、もともと近隣に大河が無くノリの育成にそれほど向いていない環境だったこともあって、そのほとんどが廃業してしまいした。そうした中で、創意工夫と研究を重ね、独自の商品を生産しながらノリ養殖業の拡大を目指しているのが、せのお水産の妹尾孝之さんと祐輝さんの親子です。  日本で生産されているノリはそのほとんどが「スサビノリ」

スキ
38

幻想的な夜の海で獲られる、日本料理に欠かせない煮干しの原料。 【ニッポンの魚獲り】

 日本料理の出汁になくてはならない「煮干し」。その生産量は長崎県が日本一で、全国の3分の一を占めるほど。その長崎県の雲仙市に面する橘湾では、煮干しの材料となるイワシの敷網漁が行われています。  〈若義丸〉の関直光さんは、高校を卒業と同時に父親とともにイワシ漁に取り組みはじめました。以来、20年以上もイワシ漁に携わってきました。今は独立し、船頭としてイワシ漁を指揮する立場です。  イワシの敷網漁の出漁は夜中の1時。イワシ漁について関さんは「経験と勘、それと他船との情報交換が決

スキ
58

新たな生産体制で最高級の有明ノリが生まれた。 【ニッポンの魚獲り】

 佐賀、福岡、熊本、長崎と有明海を囲むそれぞれの4県それぞれの地域では、ノリ養殖が盛んに行われています。全国に知られるブランド品「有明ノリ」の産地です。かつては養殖から加工まで漁家1軒ごとが独自にノリ生産を行ってきましたが、現在では多くの地域で協業化が進み、分業化によって質の高いノリ作りが行われています。  佐賀市の川副町に暮らし、ノリ養殖を営んでいる江頭一吉さんのノリの摘み取り作業に同行させてもらったことがあります。  出漁は夕方、日の入り後すぐ。最大の干満差が6メートル

スキ
31

Column- 潮気、のようなもの。

海辺を歩き、湖畔や川辺に立ち、フネで沖をさまよう、マリンジャーナリストたちが見て、聞いて、知って、感じたことなどを綴っていきます。

すべて見る

アドリア海の真珠〜再興した美しい港町 【Column- 潮気、のようなもの】

 あるオールドソルトにお話しを聞く機会があった。国際的なカリキュラムに沿ったヨットスクールを日本に導入して、自らインストラクターを担い、長年にわたって数多くのクルージングセーラーを育ててきた、知る人ぞ知るお方である。その話の中で、「世界の海で最も好きなクルージングスポットはどこか」との問いに、オールドソルトは「カナダのバンクーバー周辺、タヒチ」、そして少し考えてから「それとクロアチアかなあ」と3つの海を上げていた。  ヨットで、と言うわけでは無かったけど、私もそれらの海をパ

スキ
48

日本の表、能登半島・輪島のこと〜被災された全ての皆様にお見舞い申し上げます。 【Column- 潮気、のようなもの】

 いわゆる“昭和”世代以外の方々には馴染みのない言葉かもしれないが、本州の日本海側の一帯が、「裏日本」といわれていた時期がある。対して、皇居があり、国の首都があり、工場や貿易港が多い太平洋側を「表日本」と言っていた。「裏日本」は、一般的な記事、天気予報などでも普通に使われていた言葉だが、今は新聞記者などが常用する用語辞典では、不快語のひとつとされており、メディアはもちろん、一般的にもほとんど使われることがなくなった。差別的な意図から生まれた言葉ではなかったにしろ、裏日本と呼ば

スキ
77

海と音楽とアルバムジャケットの話。 【Column- 潮気、のようなもの】

 タイトルに置いた写真は、ある年のクリスマスに、青森県の漁港で撮ったものである。世の中のほとんどの人が、まだ眠りについている寒い夜明け前の時刻、前の日に降った雪が残る港に漁師が三々五々に集まってきて、自分たちの船に乗り込んで漁に出ていく。タイトルにそぐわない写真のように思われるかもしれないけれど、実はこの光景を見ながら、筆者の頭の中には、ハービー・ハンコックの「Meiden Voyage(処女航海)」がひたすら流れていたのであった。  このときに限らず、夜明け前にフネの舫い

スキ
44

新しいモノに戸惑う楽しさ。 【Column- 潮気、のようなもの】

 念願のマイボートを中古とはいえ手に入れて、そろそろ半年が経つ。これは以前にも書いたことだけど、レンタルボートを利用していたときに比べて、乗る機会はそれほど増えていない。それでも、釣り竿を立てておくことのできるロッドホルダーを新しくつけてみたり、暑かったらすぐにでも海に飛び込めるようにとラダー(ハシゴ)を物入れにしのばせたり、いつか釣るつもりの大きなキハダマグロのためにどでかい保冷バッグまで手に入れた。こうして様々な艤装品や装備品を買い足しているので、乗艇する回数の割に、財布

スキ
52

海の道具

マリンウェアからマリンギア、ボートやヨットのパーツに至るまで、ほかでは読めないマリン用品を扱うマニアックなヤマハマン担当コラム。

すべて見る

バッテリーの食堂〜バッテリーチャージャー 【海の道具】

 バッテリーチャージャーを常備している一般家庭って、世の中にどれぐらいあるでしょうか。それほど多くないと思います。ここでいうバッテリーとは、携帯電話のバッテリーや乾電池などではなく、車やボートなどで使用する箱型の大型バッテリーのことです。  車でもボートでも、バッテリーの一番の仕事はエンジンを始動させることだと思いますが、最近のボートは電子機器が多数搭載されるようになってきて、その分、バッテリーの消耗も激しくなってきました。航行中はエンジンなどについているオルタネーターと

スキ
32

いつになったら出番はやってくるのだろうか。 【海の道具】

 ビッグゲーム(カジキなどの大魚)フィッシングを楽しむボートに乗り込むと、片隅に少年野球用のバットが。 なぜ? とよく見ると、野球で使うバットとはちょっと様子が違います。形状は確かにバットなのですが、やけに短い。そしてグリップエンドに少し長めの紐のループが取り付けられています。  実はこれ、カジキの頭を叩くための、専用の棍棒なのです。通常は「バット」、または「フィッシュバット」などと呼びますが、正式名称は「ビリークラブ」です。  針にかけたカジキを長時間のファイトの末、

スキ
41

フネで使う落下傘- シーアンカー 【海の道具】

 手元にある辞典には、シーアンカーとは、「荒天で航行が困難になった船舶が横波を避けて漂泊するため、船首から海中に投じる帆布製の凧のような船具」とあります。  なにやら薄ら寒い状況を頭に描いてしまうところですが、実際に今、日本近海でシーアンカーを積んで、使っている船は沢山あるはずです。でも、どの船も決して切羽詰った状況とは程遠く、暢気に釣り糸を垂れている場合がほとんどだと思われます。  なぜか。それは、シーアンカーの特性をボートフィッシングに活かしているからです。  

スキ
52

滑らないようで滑る話 【海の道具】

 果たしてどれくらいの人が、なぜデッキシューズがデッキシューズと呼ばれているかを知っているでしょうか。 甲板=デッキを歩くのに適しているからデッキシューズなのです。当たり前ですね。  では、どんなところがデッキを歩くのに適しているのか。  まずはその靴底の形状を語れなければ、マリンの通人と胸は張れません。一見、ただの平面に見えるのですが、反らせてみるとカミソリで無数の切れ込みを入れたような独特のソールであることに気づきます。この独特のソールを持ったデッキシューズは、1935

スキ
63