ヤマハ発動機 | 海の時間です。

ヤマハ発動機の公式アカウントです。 「海やフネの近くで人生を楽しみたい、日常生活に海の…

ヤマハ発動機 | 海の時間です。

ヤマハ発動機の公式アカウントです。 「海やフネの近くで人生を楽しみたい、日常生活に海の香りと風を吹かせたい」という皆さまに、ほんのり潮気が漂う読み物や写真をお届けします。 18年間、海を愛する人達にお届けしてきたメールマガジン「Salty life」から引っ越してきました。

リンク

ウィジェット

マガジン

  • 船厨

    海を感じる料理、ときどきドリンクにまつわるお話です。「大雑把」「手抜き」ご免のレシピ付き。

  • キャビンの棚

    海を近くに感じることのできる音楽や書籍をご紹介。新しいものから古いものまで、いろいろと取りそろえてみます。

  • ニッポンの魚獲り

    魚が好きな人たちへ。日本の漁業従事者たちと、50年以上にわたってその仕事に寄り添ってきたヤマハのFRP漁船や和船。日本の食卓を彩り、楽しませ、人々の健康を支えている漁師たちの姿と彼らの船、漁法を覗いてみましょう。

  • Column- 潮気、のようなもの。

    海辺を歩き、湖畔や川辺に立ち、フネで沖をさまよう、マリンジャーナリストたちが見て、聞いて、知って、感じたことなどを綴っていきます。

  • 海の道具

    マリンウェアからマリンギア、ボートやヨットのパーツに至るまで、ほかでは読めないマリン用品を扱うマニアックなヤマハマン担当コラム。

最近の記事

  • 固定された記事

素敵な海や水辺をいつでも感じてほしい、ヤマハのnoteです。

こんにちは。そして、はじめまして。ヤマハ発動機株式会社のnoteです。2003年6月に創刊し、18年間にわたって海のあるライフスタイルをテーマに配信を続け、多くの方にご愛読いただいてきたメールマガジン「Salty Life」から、「海の時間です。」と名を変えて、こちらのnoteに引っ越してきました。これから、これまで以上にたくさんの人たちと海のある生活の喜びを分かち合っていきたいと思っています。 わたしたちは「フネ」をつくっている会社です。わたしたちヤマハ発動機は、主にオー

    • 居酒屋さんで出会ったイカわたチャーハン 【レシピ- 船厨】

       海に行かずとも、潮気の漂う食堂やレストランというのというのは街中にもいくらでもあって、海から遠ざかっているときなどは、気持ちを落ち着かせるのに役立ってくれたりします。  こちらは昔、通っていた都会の繁華街から少し外れたところにある居酒屋さんのいわゆる“裏メニュー”を思い出して作ってみたチャーハンです。  魚屋さんが経営していると聞いていましたが、とにかくメニューが豊富でした。そして、料理が総じて豪快でした。大将と、姉か妹かどちらか忘れてしまったけれど、とにかく女将も元気が

      • ひとを再生させる灯台。 【キャビンの棚】

         Oc W 8s 29m 8M  (単明暗白光 明6秒暗2秒 灯高29m 光達距離8海里)  この灯台の灯質略記を見て「あそこだな」と分かる人がいるでしょうか。まあ、ありふれた光り方ではあります。2010年に廃止になった東京灯標のものなんですが、仮に現役時代であったとしても、東京港玄関口のシンボルであったこの灯標の略記を、わざわざ海図で確かめる人もいなかったでしょう。  ところで、「灯台どうだい?」というマニアなフリーペーパーを発行している女性がいます。不動まゆうさんです。

        • 地味な漁かもしれないが、誇りはある。 【ニッポンの魚獲り】

           鹿児島県の北東部、志布志湾に面した東串良町で漁業を営む森山正章さんは、2001年に故郷に戻ってきたUターン漁師。試行錯誤を重ねながら、この仕事を続けてきました。  「漁業をしたい気持ちが強かったとか、そんなたいそうなものではなく、地元に帰ればとりあえず仕事はある、そんな軽い気持ちだったんですよ」と当時を振り返る森山さん。ところが最初の1年間、父親の元で経験した修行で“軽い気持ち”ではやっていけないことを痛感することになりました。  「風雨が強いのに平然と仕事をしたり、真っ暗

        • 固定された記事

        素敵な海や水辺をいつでも感じてほしい、ヤマハのnoteです。

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 船厨
          ヤマハ発動機 | 海の時間です。
        • キャビンの棚
          ヤマハ発動機 | 海の時間です。
        • ニッポンの魚獲り
          ヤマハ発動機 | 海の時間です。
        • Column- 潮気、のようなもの。
          ヤマハ発動機 | 海の時間です。
        • 海の道具
          ヤマハ発動機 | 海の時間です。
        • ヤマハマリンクラブ・シースタイル
          ヤマハ発動機 | 海の時間です。

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          アドリア海の真珠〜再興した美しい港町 【Column- 潮気、のようなもの】

           あるオールドソルトにお話しを聞く機会があった。国際的なカリキュラムに沿ったヨットスクールを日本に導入して、自らインストラクターを担い、長年にわたって数多くのクルージングセーラーを育ててきた、知る人ぞ知るお方である。その話の中で、「世界の海で最も好きなクルージングスポットはどこか」との問いに、オールドソルトは「カナダのバンクーバー周辺、タヒチ」、そして少し考えてから「それとクロアチアかなあ」と3つの海を上げていた。  ヨットで、と言うわけでは無かったけど、私もそれらの海をパ

          アドリア海の真珠〜再興した美しい港町 【Column- 潮気、のようなもの】

          「春を知らせる魚」をいただきましょうか。 【レシピ- 船厨】

           メバルは一年を通して楽しめる釣魚の一つ。餌で、ルアーで。防波堤で、もちろんボートで。釣りをした経験のある方も多いことでしょう。  このメバルの呼び名ですが、漢字では「眼張」、または「目張」と書きます。これは眼が大きく張り出していることからつけられた名前です。もう一つ、お寿司屋さんの湯飲みによく書かれている漢字では「鮴」と書きます。これは岩陰や海藻からあまり移動しない習性を、休んでいると表現したもの。  さて、メバルの生物的特長のひとつに、魚の中では数少ない「胎生」であ

          「春を知らせる魚」をいただきましょうか。 【レシピ- 船厨】

          バッテリーの食堂〜バッテリーチャージャー 【海の道具】

           バッテリーチャージャーを常備している一般家庭って、世の中にどれぐらいあるでしょうか。それほど多くないと思います。ここでいうバッテリーとは、携帯電話のバッテリーや乾電池などではなく、車やボートなどで使用する箱型の大型バッテリーのことです。  車でもボートでも、バッテリーの一番の仕事はエンジンを始動させることだと思いますが、最近のボートは電子機器が多数搭載されるようになってきて、その分、バッテリーの消耗も激しくなってきました。航行中はエンジンなどについているオルタネーターと

          バッテリーの食堂〜バッテリーチャージャー 【海の道具】

          Sea-Style「うず潮の海へ」【ヤマハマリンクラブシースタイル】

          播磨灘と紀伊水道が交わる場所。国内でも最も早い潮流を生み、航行の難所と言われてきた鳴門海峡は、鳴く瀬戸から転じて鳴門と呼ばれるようになったそう。大鳴門・小鳴門と呼ばれる水域はボートフィッシングやクルージングなど定番の遊び方もロケーションによって楽しみ方ががらりと変わります。今回はこの徳島・鳴門エリアをご紹介します。  鳴門といえばうず潮。二つの海が作り出す潮位によってわずか1.4キロしかない海峡に、最大15メートルほどの渦潮ができ、その潮流の速さは最大で10ノットにも達する

          Sea-Style「うず潮の海へ」【ヤマハマリンクラブシースタイル】

          「僕の愛は、海より深い」と真顔で言ってみる。 【キャビンの棚】

           海という言葉は、「広さ」や「深さ」を表すときによく使われます。かつては調子に乗った海の男どもが、女性に愛を伝えるときに時にしばしば使いました。よくわからないけど、世間では海はロマンティックなものだと思われていたのです。いや、いまでもそう信じたいのです。あんなにしんどいところであるのに関わらず。  用例としては、パートナーを置いてけぼりにしてのヨットやボート通いが続いてしまい、それを責め立てられるようなとき、「君の心は海のようだ。ゆるして」とか、あるいは相手の目をみつめ「君

          「僕の愛は、海より深い」と真顔で言ってみる。 【キャビンの棚】

          世界の海で闘う、もうひとつのメイド・イン・ジャパン 【We are Sailing!】

           自動車に例えるなら、エンジンのようなもの──。前回はヨットのセールについてあれやこれやとご紹介しました。  そこでも言及しましたが、ヤマハセーリングチームの競技艇・470級のセールは、数ある世界大会の競技艇の中で、もっともデザインの許容範囲が広いことが特徴です。  470級のセールの素材はポリエステルと決められています。また、二次元のサイズ(平面上の各部の数値)も決められています。しかし、セールのカーブ(真上から見た形)は任意。  そして、選手は少しでもヨットを速く走ら

          世界の海で闘う、もうひとつのメイド・イン・ジャパン 【We are Sailing!】

          2月の壁紙- ドゥヴロブニク(クロアチア) 【海の壁紙】

          アドリア海に面したクロアチアの西岸は、ブルーウォーター派(レースよりもクルージングを主に楽しむ)のセーラーにとって憧れの地。古い要塞をベースに美しい港が点在しています。世界遺産に登録されているドゥブロブニクはそのひとつ。港と町並みの美しさもさることながら、ご飯がとても美味しいことも人気の理由かもしれません。 ダウンロードは以下からどうぞ。

          2月の壁紙- ドゥヴロブニク(クロアチア) 【海の壁紙】

          荒んだ海賊のイメージを振り払い、上品にいただく冬の夜のラム 【レシピ- 船厨】

           ずいぶんと行っていないけれど、ある世界的なテーマパークの、海賊のコーナーが好きでした。17世紀から18世紀にかけて、カリブ海で暴れていた海賊の狼藉ぶりを、レールの上をゆっくり走る小さなボートのような乗り物に乗って見て回る、アレです。動く人形がたくさんいるのですが、その海賊のほとんどは酔っ払っているように見えます。記憶違い、思い込みかもしれませんが、ボトルをラッパ飲みしている人形もあったような気がします。たぶん、ラムです。船乗りの酒です。  サトウキビを原料に作られたこの蒸

          荒んだ海賊のイメージを振り払い、上品にいただく冬の夜のラム 【レシピ- 船厨】

          渦を生む、時速19kmの水の流れ 【海の博物誌】

           カナダのブリティッシュコロンビア州・キャンベルリバーは、北米大陸とバンクーバー島、またその他のいくつかの島からなる複雑な海峡です。ここでは凄まじい潮流がひとつの名物になっていて、場所によっては、まるで河川の激流のような様相を見せています。風景も川のようで、海にいることを忘れさせてしまいます。  さて、海流が風や海水の密度差などで生じるのに対し、潮流は潮汐(干満に)よって生じます。それに流れ方はというと、海流は一定の方向にだけ流れるのに対して、潮流は潮汐とともに約6時間ごと

          渦を生む、時速19kmの水の流れ 【海の博物誌】

          魔法にかかった島々の、ミステリー。 【キャビンの棚】

           副題が英語で「THE BEAGLE IN THE GALAPAGOS」となっています。そう、あの進化論のチャールズ・ダーウィンが『種の起源』を著すきっかけとなった19世紀前半のビーグル号の航海が舞台。史実のはざまに巧妙に創作を盛り込んで、ガラパゴス群島内の閉ざされた小島に上陸した一行が次々と怪死を遂げてゆきます。  犯人は一行のうちのだれかには違いない、それにしても動機は何か──。  船付きの画家がワトスン役かつ語り手となり、探偵役は若きダーウィン自身。そして最後、生き残

          魔法にかかった島々の、ミステリー。 【キャビンの棚】

          風味豊かな“幻の海苔”で未来を拓く 【ニッポンの魚獲り】

           かつては笠岡諸島をなす独立した島であった岡山県笠岡市の神島は、1966年から始まった笠岡干拓事業によって陸続きの土地となりました。かつては多数あったノリ養殖家は、もともと近隣に大河が無くノリの育成にそれほど向いていない環境だったこともあって、そのほとんどが廃業してしまいした。そうした中で、創意工夫と研究を重ね、独自の商品を生産しながらノリ養殖業の拡大を目指しているのが、せのお水産の妹尾孝之さんと祐輝さんの親子です。  日本で生産されているノリはそのほとんどが「スサビノリ」

          風味豊かな“幻の海苔”で未来を拓く 【ニッポンの魚獲り】

          カレイの料理で思い出す、フランス語と津軽弁 【レシピ- 船厨】

           ふだんは使い慣れた外来語の語源など考えることなどしないものですが、気になって調べてみると、意外な発見があったりして楽しいですね。  ムニエルをつくりました。日本でも家庭料理として、けっこうポピュラーなフランス料理だと思うのですが、フランス語でも学んでいない限り、その言葉=ムニエルが「ムニエ」の女性形である、なんてことは、知らないままだと思います。  「ムニエ」は「粉」や「粉屋」の意味なんだそうです。そして「ムニエル」は、「粉屋のおかみさん風」ということになるのだそうです

          カレイの料理で思い出す、フランス語と津軽弁 【レシピ- 船厨】